悪役令嬢、職務放棄

 奇跡的に病弱な体でもなんとか学園に通う事が出来るようになったわたくし、カロリーヌでございますが、ある日突然男爵家の庶子にこう宣言されたのでございます、
「貴女は悪役令嬢なのよ!」と。
 正直、頭が湧いて、いえ、お花畑なのかな? と思いましたけれども、お兄様やお姉様に相談したところ、そういう輩はスルーするのが一番だと言われましたので、そのようにするつもりでございます。
 けれども、その男爵令嬢が事あるごとにわたくしに絡んでいらっしゃいまして、わたくしを何が何でも悪役令嬢に仕立て上げようとなさっているのですよね。
 本当に困りましたわ。
 わたくし、望まれるような悪役令嬢をするような体力などございませんのに、困ったものですわね。

「乙女ゲームに転生したけど、推しキャラカプ観察に忙しいので勝手に恋愛ゲームしていてください(https://www.alphapolis.co.jp/novel/137142511/234388609)」の続編になります。
24hポイント 511pt
小説 2,147 位 / 85,099件 恋愛 1,048 位 / 22,698件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

なんでも奪っていく妹に、婚約者まで奪われました。。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:150720pt お気に入り:5703

婚約を……破棄…?ですか……本当によろしいのですね?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1072pt お気に入り:4341

元邪神って本当ですか!?〜万能ギルド職員の業務日誌〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:27222pt お気に入り:7471