この剣が魂を斬るまでの一分間~制約が厳しい天恵を授かったせいで底辺に甘んじていた俺はボスしか出ないダンジョンで成り上がる!~

天恵。それは誰しも産まれながらに天より授かる恩恵のこと。冒険者アレクは強力な天恵を授かりながらも、その使い勝手の悪さからダンジョンで自身の天恵を使用できずにいた。底辺冒険者として過ごす日々。
そんなある日、レイストの地に新たなダンジョンが生まれたという話を聞く。一念発起したアレクは、新天地で己の理想とする冒険者を目指す。


小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+にも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 140,754 位 / 140,754件 ファンタジー 34,331 位 / 34,331件