歌しか取り柄のない聖女は追放後隣国で手厚く保護されるー実は歌が最強の聖魔法でした。ー

「キャロル、お前はもうこの国には必要ない。税金泥棒はすぐに出ていけ!!」

歌が得意な聖女として町のみんなに親しまれていた私はある日追放されることになった。

「このヘレンが素晴らしい癒しを与えてくれる事が分かったからな。歌うことしか能がないお前はお払い箱だ。税金を無駄に使うわけにはいかないからな。」
「ちょっと、言い過ぎではありませんかぁ?その、ちょっとキャロルの視線が痛いですぅ」

あ、はい。
お二人はそちらでよろしくお過ごしください。
私も隣国でのびのび暮らします!
24hポイント 71pt
小説 8,261 位 / 80,340件 恋愛 3,586 位 / 21,394件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

断罪された悪役令嬢は頑張るよりも逃げ出したい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:17537pt お気に入り:6365

浮気の代償~失った絆は戻らない~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:227558pt お気に入り:8778

待ち詫びた知らせ

大衆娯楽 / 完結 24h.ポイント:5026pt お気に入り:4