偽聖女と虐げられていましたが適性が大聖女でした―大聖樹の精霊から溺愛されながら、お世話になった人に今までのお返しをします!―

10歳の適性判定で適正聖女と診断されたルーナ。
しかし、神殿で何をしても上手くいかないことばかり。
いつしか街では偽聖女と呼ばれるようになってしまった。

お祈りは人より多く時間を取っても、祈りの聖杯はなかなか満タンにならない。
魔晶石への注入だって注入しようと色々試行錯誤してみても、半日で一番小さなサイズの注入が精一杯。
私、なんでこんなに皆みたいにうまく出来ないんだろう……。
そんな日々は王都からの視察団がやってきたことで大きく動き出す。

「君、いつもこんなに時間が掛かっているの?さすがに大変でしょう。ちょっともう一度調べてみるのはどうだい?」

この一言で私の生活も、周りの人の態度もガラッと変わるなんて。

いまさら取り繕って手もみしても、今までの心の傷を忘れたとは言わせない。
今まで私がこらえた分、しっかり反省してもらうんだから‼
24hポイント 149pt
小説 5,269 位 / 77,418件 恋愛 2,274 位 / 20,422件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

虐待され続けた公爵令嬢は身代わり花嫁にされました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:8464pt お気に入り:3261

魔法界の現実

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:0