私が十一月に描いた絵

絵を描く事にのめり込み、自分にしか表現できない世界を創り出すことに固執する少女。

やがて少女は大学生となり、最後の文化祭を迎えようとしていたが、周囲が順調に就職先を決める中、自分の進路を決めきれずに悩んでいた。

誰からも才能を認められながらも、絵のために人間関係も、幅広い将来も犠牲にしながらたどり着いた先で、未だ決定的な評価を手に入れる事ができない現状に苦しんでいたのだ。

私が描いてきた絵は果たして何かの役に立つのだろうか。なんのために、これまで描いてきたのだろうか。

文化祭まで二週間。
彼女はあるきっかけから、絵を描き始めた幼い頃の自分と向き合う事になったーー。
24hポイント 0pt
小説 128,618 位 / 128,618件 青春 4,920 位 / 4,920件