律のしらべ

律のしらべ(りちのしらべ)ーー琴などの弦楽器の調子。秋らしい趣のこと。



高校時代オーケストラ部に所属していた、陽太、律、静香。
律はヴァイオリン、静香はピアノを弾きながら卒業後も交際を続け、社会人三年目にしていよいよ結婚間近、というところまできていた。
陽太はいつも近くで見てきたそんな二人を羨ましく思いながら、自身もトランペット奏者として楽団に所属し、プロとしての腕を磨いていた。

しかし、ある日のこと。突然の事故によって、そんな三人の未来は残酷に引き裂かれてしまう。

希望を見出せぬまま入院生活を続ける静香に、そっと寄り添い続ける陽太。
しかし、静香の心は深く暗く、閉ざされ続けたままだったーー。



逃れられない現実と、愛情や友情が煩わしいとさえ感じるほどの孤独。
絶望の夜明けは、果たして……
24hポイント 0pt
小説 140,082 位 / 140,082件 現代文学 6,014 位 / 6,014件