【完結】はい。アウトー スリーアウト、貴族の家的にチェンジ〜。うちの妹だった奴お世話かけました。

貴族は本当の感情を見せない。それだけで不利益を得てしまうので、貴族の嗜みというやつだ。

僕は、エイレン。侯爵家の次期跡取りの筈なんだけど、教育はアウトー。目も当てられない状況にスリーアウト、貴族の家的にチェンジを間違えた妹のやらかしを少し遠くで見ている。あ。そこまでバカなの?どう教育したらああなるのか、母上も似ているけどあそこまで破滅的ではないよ。その様子を心の中で実況してたら、終わったねえ。その後、侯爵家の一員としてお詫び行脚ですよ。まあ計画どおり、ね。
24hポイント 28pt
小説 18,547 位 / 120,996件 恋愛 8,027 位 / 35,677件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

過労死社畜は悪役令嬢に転生して経済革命を起こす

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:11980pt お気に入り:2796

私が死んで満足ですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:192988pt お気に入り:10158

聖女も聖職者も神様の声が聞こえないって本当ですか?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:347pt お気に入り:90

愛していますよ。だから幸せになってくださいね!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:101533pt お気に入り:6366