【完結】悪役王子はいらなかったのかい?〜身勝手王子は幽閉されて置いてかれてしまいました。〜

私は王子だ。サイヤ国の嫡男として生まれ、帝王学を叩き込まれいずれ国を治める王となる。
私の言ったことは正しくなる。そうでなければならない。私の婚約者が下位の貴族を虐めていれば非難は当たり前。助けた令嬢がお礼にと傅くのも当然だ。私は生まれながらの王なのだから。

しかし、少しずつひび割れる音がしていたのを私はそれと気づかすに、あの日を迎えた。

なぜ、どうしてエンド。
24hポイント 7pt
小説 28,628 位 / 121,256件 恋愛 11,943 位 / 35,789件