【完結】もう、あの森の精霊様にお縋りするしかない!「え、嫌ですけど?」

町は、危機に瀕していた。ギリギリでやってきた。それが魔物の襲来と兵士を寄越せと働き手を連れて行ってしまった。畑での収穫も期待できない。最終手段で、森に住み着いていると言われている精霊様にお願いしに行こう!

「え、嫌ですけど?」と若い女のような口調で断られてしまう。そこをなんとかと低姿勢を続けていたが
…食いつくも、反撃をくらう。
24hポイント 0pt
小説 121,632 位 / 121,632件 ファンタジー 31,927 位 / 31,927件