五百禁軍の姫【中華風異能バトルファンタジー】

謎の美少女に出会った。
出身地も名前も経歴も不明。ただわかるのは、彼女が強い力を秘めていることだけ。
彼女は敵なのか、味方なのか。

確かなのは、彼女が現れてから、悪いことが起こり始めたことだ。
隣国との戦が激化し、国内の情報が敵へ漏れている。
疑いの矛先は、謎の美少女へと向いた。

「奴は嘘をついている。すなわち、敵だ」
「あの子の気から悪いものは感じない。だから俺は彼女を信じる」

彼女の監視を任されたのは、国の帝を守る軍「禁軍」の将軍たちだった。

神仙の膝元と呼ばれる小さな国――桃源(とうげん)国を守るために戦う人々を描いた異能要素のある中華ファンタジーです。
24hポイント 0pt
小説 79,498 位 / 79,498件 ファンタジー 22,864 位 / 22,864件