始まりのセリフが非日常過ぎました。

このところぼんやりしてお酒を飲むバー、この間も二度とこないって思ったのに。

見るからに訳ありでやっぱり相当変だったと思われたらしい。

だからもう行かない、行けない。
だからもう思い出さない、忘れよう。


棚旗すみれ  23歳


ちょっとだけ特別だと思った人に振られました。
それは私には突然の出来事で、なかなか忘れられなくて。

でも自分だけが知らなかった事実があったみたい。
いい加減だと知っても、急に失くなった存在は私を空っぽにした。


ため息の多い私を元気づけようと誘ってくれた先輩に連れて行かれた飲み会。
思わぬ誘いもあったけど、そんなに簡単には誘われるのはやめたいと思ってた。

それでも世話焼きの先輩のお陰で、少しづつ思い出が古くなり、小さくなり、思い出さなくなり。
新しい笑顔でいられる時間を見つけられました。


今度の始まりはドラマのようなセリフからでした。
絶対忘れない。非日常過ぎます。

きっと他の思い出にも負けない始まりだから。

24hポイント 0pt
小説 84,516 位 / 84,516件 恋愛 22,507 位 / 22,507件