太陽は今日もサンサンと私を暖かく包んでくれます。

誰にも言いたくない事、バレてたとしても隠したいこと。
そんな事の一つや二つはある。
そして私星野悠里(ゆうり)にとって、それはとてもとても大きな問題だった。

これを克服しないと恋愛できる気がしない。
あらゆる努力をしてみても、まったく効果がなく成果がなく、地球を見下ろせばまっすくに足元が見える。
だって体の前がストン・・・・。
凹凸のなさ。
それはお腹も出てないことは確かだけど、他のところも出てない。

友達の恋愛をひたすら応援して過ごした数ヶ月。


はじめっから嫌な予感がしてたのに。

カップル誕生おめでとうの祝賀会から始まった次の物語。


悠里と後輩の太陽君の恋愛の話です。





 相葉太陽
24hポイント 7pt
小説 17,466 位 / 55,688件 恋愛 5,656 位 / 13,267件