君に都合のいい体

ヤリチンモテ男子×一途な高身長体育会系男子


大学2年生の佐野 銀二朗(さのぎんじろう)は同じ大学の大好きな三本木 蓮(さんぼんぎ れん)とセフレ関係にあった。

「呼び出した時、いつでもヤれるようにしとけ」そう言われ従順に従う銀二朗。

僕は、蓮くんのことが大好きなんだ。男でましてや可愛くもない僕なんかをセフレにしてくれるなんて、夢みたいだ。好きな人と少しでも同じ時間を過ごせることが嬉しい。だから僕は蓮くんの都合のいい体でいたい。
君が僕を必要としてくれるなら、一緒にいられるなら、なんでもする。たとえ何十人の一人だってかまわない。

でも、なんだか時々悲しくて・・・?


 ホワホワしてる銀二郎に過保護な親友や危ない御曹司が迫ってきます。基本、銀二郎が(男に)モテモテです。

片想い高身長体育会系男子:黒髪短髪
ヤリチン両刀モテ男子:金髪
相手の感情には鈍感で無自覚な受けです。
24hポイント 205pt
小説 6,399 位 / 149,059件 BL 1,340 位 / 17,231件