縁切寺御始末書

 いつの世もダメな男はいるもので、酒に、煙草に、博打に、女、昼間から仕事もせずにプラプラと、挙句の果てに女房に手を挙げて………………
 そんなバカ亭主を持った女が駆け込む先が、縁切寺 ―― 満徳寺。
 寺役人たちは、夫婦の揉め事の仲裁に今日も大忙し。
 そこに、他人の揉め事にかかわるのが大嫌いな立木惣太郎が寺役人として赴任することに。
 はじめは、男と女のいざこざにうんざりしていたが……………… 若き侍の成長と、男と女たちの痴情を描く、感動の時代小説!!
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 歴史・時代 1,200 位 / 1,200件