道具屋探偵ファンタジア ~古道具を売りに行ったら探偵の助手として雇われました~

エドガー・リンネは王立大学に通う貧乏学生、19歳。
ある日、手持ちの生活費が底を尽きかけ、道具屋に古着を売りに行ったことから、不思議な兄妹と出会う。
兄の名前はエミル、妹の名前はノエル。
エミルが言うには「エドガーが持ち込んだ古道具が泣いていて、そのせいでノエルが苦しんでいる」。そしてエドガーは古道具の泣き声を止める手伝いをする羽目になり――?

ファンタジー世界が舞台の日常ミステリー。
24hポイント 0pt
小説 91,004 位 / 91,004件 ファンタジー 25,519 位 / 25,519件