婚約破棄から2年。元婚約者から結婚式の招待状が届きました。しかも、友人代表挨拶を頼まれまして。

「済まない、イレーナ。他に愛する人が出来たんだ」
「…ごめん。俺は君を友人としてしか見れない」

そう言って婚約破棄を告げられて……同時に家の恥だと追放されて2年が経ったある日、イレーナの元に一通の手紙が届いた。
それは、元婚約者からの手紙だった。
何でも1か月後に結婚式をあげる為、新郎の友人代表としての挨拶をイレーナに頼みたい、との事だった。

迎えの馬車までやって来て、拒否権など無いことを知ったイレーナは友人代表挨拶をする為に馬車へと乗り込んだ…。


※タイトル変更しました
ゆるふわ設定です。

どうぞ今年もよろしくお願い致します
24h.ポイント 639pt
796
小説 1,744 位 / 187,465件 恋愛 823 位 / 56,788件

あなたにおすすめの小説

村八分にしておいて、私が公爵令嬢だったからと手の平を返すなんて許せません。

木山楽斗
恋愛
父親がいないことによって、エルーシャは村の人達から迫害を受けていた。 彼らは、エルーシャが取ってきた食べ物を奪ったり、村で起こった事件の犯人を彼女だと決めつけてくる。そんな彼らに、エルーシャは辟易としていた。 ある日いつものように責められていた彼女は、村にやって来た一人の人間に助けられた。 その人物とは、公爵令息であるアルディス・アルカルドである。彼はエルーシャの状態から彼女が迫害されていることに気付き、手を差し伸べてくれたのだ。 そんなアルディスは、とある目的のために村にやって来ていた。 彼は亡き父の隠し子を探しに来ていたのである。 紆余曲折あって、その隠し子はエルーシャであることが判明した。 すると村の人達は、その態度を一変させた。エルーシャに、媚を売るような態度になったのである。 しかし、今更手の平を返されても遅かった。様々な迫害を受けてきたエルーシャにとって、既に村の人達は許せない存在になっていたのだ。

結婚前日に友人と入れ替わってしまった・・・!

月(ユエ)/久瀬まりか
恋愛
伯爵令嬢キャンディスは、愛する婚約者パトリックとの挙式を明日に控えた朝、目覚めると同級生のキムに入れ替わっていた。屋敷に戻っても門すら入れてもらえず、なすすべなく結婚式を迎えてしまう。このままではパトリックも自分の人生も奪われてしまう! そこでキャンディスは藁にも縋る思いである場所へ向かう。 「残念な顔だとバカにされていた私が隣国の王子様に見初められました」に出てくる魔法使いゼインのシリーズですが、この話だけでも読めます。

美しい姉に惑わされた愚かな王子は国と運命を共にし…私には、幸せが待って居ました!

coco
恋愛
婚約者の私を捨て、美しい姉を選んだ愚かな王子。 姉には、隠された秘密があるのに…。

追放された少年は『スキル共有スキル』で仲間と共に最強冒険者を目指す

散士
ファンタジー
役立たずの烙印を押されパーティを追放された少年、ルカ。 しかし、彼には秘められたスキルと目標に向けて努力するひたむきさがあった。 そんな彼を認め、敬愛する新たな仲間が周囲に集まっていく。少年は仲間と共に冒険者の最高峰を目指す。 ※ノベルアップ+にも投稿しています。

悪役令嬢と執事が入れ替わり、悪役令嬢は純粋令嬢になりました

天災
恋愛
 悪役令嬢は純粋令嬢になりました…

「君を愛さない」と言った公爵が好きなのは騎士団長らしいのですが、それは男装した私です。何故気づかない。

束原ミヤコ
恋愛
伯爵令嬢エニードは両親から告げられる。 クラウス公爵が結婚相手を探している、すでに申し込み済みだと。 二十歳になるまで結婚など考えていなかったエニードは、両親の希望でクラウス公爵に嫁ぐことになる。 けれど、クラウスは言う。「君を愛することはできない」と。 何故ならば、クラウスは騎士団長セツカに惚れているのだという。 クラウスが男性だと信じ込んでいる騎士団長セツカとは、エニードのことである。 確かに邪魔だから胸は潰して軍服を着ているが、顔も声も同じだというのに、何故気づかない――。 でも、男だと思って道ならぬ恋に身を焦がしているクラウスが、可哀想だからとても言えない。 とりあえず気づくのを待とう。うん。それがいい。

私はあなたを愛しません 〜婚約破棄され生贄にされた令嬢は魔王陛下のお飾りの妻になります〜

柴野
恋愛
「魔王陛下、私はあなたを愛しません」  魔王城で迎えた初夜、勇気を振り絞ってベリンダは魔王セオにそう告げた。  元々人間の国で王子妃になるはずだったベリンダは、王子に冤罪をかけられた上で婚約破棄され、生贄のようにして魔国に嫁がされてきた。  不安と憤りと共にやって来た魔国の空は漆黒に染まり、おどろおどろしい。そして恐怖に身をすくませるベリンダを出迎えた魔王の周囲には大勢のサキュバスが。  それを見た途端、ベリンダはどうしようもなく腹が立った。妃としてやって来たのに、ハーレムを見せつけられるのなんてたまらない。だから殺されてもいいから愛さないと言ったのだが……? ※小説家になろう、カクヨムにも投稿しています。

日々徒然日記

克全
エッセイ・ノンフィクション
 自分の小説を、自力で10冊プリントオンデマンド本と電子書籍にしました。現在日本アマゾンとアメリカアマゾンを中心に販売していますが、その経過と日々感じた事を書いて行こうと思います。