貴方は最期まで私を愛してはくれませんでした。


伯爵令嬢のステラに突き付けられたのは、あまりにも突然過ぎる過酷な運命だった。


「ステラ様。貴方の命はあともって1週間といった所でしょう。残りの人生を悔いのないようにお過ごし下さい」


そんな医者の言葉にステラは残り僅かな時間ぐらい自分の心に素直になろうと決めた。

だからステラは婚約者であるクラウスの元へと赴くなり、頭を下げた。


「一週間、貴方の時間を私にください。もし承諾して下さるのなら一週間後、貴方との婚約を解消します」


クラウスには愛する人がいた。
自分を縛るステラとの婚約という鎖が無くなるのなら…とクラウスは嫌々ステラの頼みを承諾した。


そんな2人の1週間の物語。


そして…その後の物語。


_______


ゆるふわ設定です。
主人公の病気は架空のものです。
20時に投稿予定。

沢山のお気に入り、感想、ありがとうございますm(*_ _)m
とても励みになっております。
24hポイント 115,561pt
小説 10 位 / 144,205件 恋愛 10 位 / 45,061件