走狗(いぬ)の名は

暗黒街を歩く男に生きる希望を与えたのは、たった一人の少女だった――

銭で人を殺す始末屋稼業を営む次郎八は、心に負った傷から目を逸らす為、阿芙蓉(アヘン)と酒に溺れる日々を送っていた。
そんなある日、次郎八は武士の一団に襲われる親子連れを助ける。父親は致命傷を負っていて、今わの際に「この子を守ってくれ」と才之助を託される。
才之助は上州粕川藩にまつわる陰謀の渦中にあり、次郎八は否応が無く巻き込まれていくが――。

田沼時代と呼ばれる安永年間を舞台に、江戸の裏社会と究極の愛を描く。
24hポイント 0pt
小説 111,604 位 / 111,604件 歴史・時代 1,414 位 / 1,414件