琥珀糖とおんなじ景色

──メールから始まる勘違いと、恋。
祖母の和菓子屋で働く柊藍の元に届いたメールは「取り扱いのない琥珀糖を作ってほしい」というものだった。作ったことがないのに祖母に任せされ、試行錯誤を繰り返しながら腕を上げていく。メールでやりとりをしているうちに、相手はぜひ会ってお礼がしたいと言う。彼の優しさに好意を寄せていくが、名前のせいか、女性だと勘違いをされているのだと気づく。言い出せないまま、当日を迎え、ふたりは……。
24hポイント 7pt
小説 19,661 位 / 74,208件 BL 3,282 位 / 6,706件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

多分聖女な私はこの国が嫌いなので、好きにさせて頂きます。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:76530pt お気に入り:2923

モブ令嬢ですが、悪役令嬢の妹です。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:170pt お気に入り:987

俺の好きな子の好きな人が好きな奴は俺!?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:1

我儘王子に婚約破棄された男装令嬢は優雅に微笑む

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:7371pt お気に入り:3398