犬だけど世界守ることになった

青木家の飼い犬・柴太郎の前に、白い装束を身にまとった老人が突如現れる。
老人は自らを神と名乗り、「人類存亡の危機が迫っている」と告げた。
人類存亡の危機とはなんなのか、青木家の未来はどうなるのか、神と名乗る老人の目的とは――。
小さな背中に大きな使命を背負い、柴犬の柴太郎が今立ち上がる。

24hポイント 0pt
小説 59,243 位 / 59,243件 大衆娯楽 1,771 位 / 1,771件