婚約破棄された聖女は、笑顔よりも価値のある涙を手に入れる。

「聖女の力を失ったお前など、私の婚約者としては相応しくない。婚約は白紙に戻させてくれ」

 教会の元第一聖女アンジェリカは、婚約者である公爵家令息から婚約破棄を言い渡された。聖女の力を失い、庶民となった自分は公爵家には不釣り合い。アンジェリカはただ頭を下げ、その場を下がった。

 そんなアンジェリカを目に留めたのは、商家の息子のサルディークである。浮世離れしたアンジェリカを放っておけずに世話を焼くうち、サルディークは、彼女の笑顔が本物ではないことに気付いてしまう。

 二人が、笑顔よりも価値のある涙を見つける物語。
24hポイント 0pt
小説 99,540 位 / 99,540件 恋愛 27,695 位 / 27,695件