自分には何もないと思っていた青年は『浄化』という特別な力を手にし浄化師と呼ばれる存在となる

加崎純也は自らは何もできない、何の能力も力も持たない青年であると思っていた。そんな彼の目の前にある日、突然黒い大きな猫のような化け物に出会う。そして、彼はその化け物と戦うことになり、死に掛けることになる。その時、彼の前に一人の男があらわれる。男の名は有川源一、加崎が戦っていた化け物、『穢れ』と呼ばれる存在を『浄化』という力を持って戦う『浄化師』と呼ばれる存在だった。

これは力なく、すべてを諦めていた青年が『浄化』という特別な力を手にして、『穢れ』と呼ばれる化け物と戦う物語

※最後中途半端なところで終わります。戦いはこれからも続くぜみたいな形で完結と言う形になってしまっているので、しっくりとした形で終わらないです。いつか続きを書けたら書く予定です
24hポイント 0pt
小説 101,050 位 / 101,050件 ファンタジー 27,221 位 / 27,221件