嘘つきな俺たち

 二年前、俺はある事情から亡くなった異父兄妹の妹になりすまして中学生活を送っていた。
 義理の父に恋をしている俺はその恋心を隠して、彼に気に入られたい一心で母親の喜ぶ事をしていた。

 けれど、ある日の球技ボールで同じクラスの怜治に俺のプレイを褒められた。
 褒められる事は麻薬のような気持ち良さがあり、欲しい言葉をくれる彼に惚れてしまった。
 お義父さんへの恋が霞んでしまう程に。

 怜治は俺に「付き合って下さい」と告白してくれた。そこは頷くしかないだろう──と思った瞬間。
 「お前みたいなブスに誰が告るかよ!」って暴言吐いてきた。許さん。


 その後男の姿に戻った俺は二年遅れで高校生になった。だが入学式、クラスには怜治がいた。しかも俺に絡んでくる。
 怜治の弱みを握る事が出来た俺は、罰を与える事にした。これは復讐だ。


表紙:右京 梓様
24hポイント 21pt
小説 27,257 位 / 140,422件 BL 5,717 位 / 15,876件