この度生まれました三浦家の三女から、家族みんなに文句があります。


「ママ、あたし妹がほしいな」

次女、遙のこの一言によって生まれた三浦家の三女、恵。
恵の誕生によってとても和やかな雰囲気の一家だったが……。

ある日を境に「家族」に囚われる、三浦家の姉妹たち。

「家族」はとても大事だけれど、何よりも自分にとって負担になっているのも「家族」。

年を重ね、それぞれの人生を生きるものの自分という存在の根底には「家族」があって……。

どこにでもいる「家族」の、どこにでもある話。


***


【家族構成】
父:隆司(たかし)
母:詩織(しおり)
長女:美月(みつき)
次女:遙(はるか)
三女:恵(めぐみ)
父方の祖父:浩志(ひろし)
父方の祖母:桜(さくら)

主人公は三女の恵です。
ただ、美月目線だったり遙目線だったり、ちょこまか視点は変わります。

父方の祖父と祖母はあまり名前が出てこないですが一応ここで紹介しときますね🙇

処女作ゆえ、至らないところが多々あるかと思いますが……。
感想・誤字脱字指摘等どんどん下さい!
よろしくお願いします😊
24hポイント 149pt
小説 3,888 位 / 59,242件 現代文学 48 位 / 2,607件