闇夜に欲望は嗤う

帝都大学主席の天才、黒崎麻衣(くろさきまい)は天才であるがゆえに、日々に絶望に近いような退屈を覚えていた。
「私を楽しませて。」それが彼女の口癖だ。
そんなある日、彼女は目にする。



日常とはかけ離れた、“異常な夜”を。
欲望のままに夜に群れなす者、「影」によって追い詰められる麻衣。死すら近づく中久々の楽しみに快楽さえ覚えていた。凶刃が彼女を襲ったその時…




「死神」は現れた。それは麻衣に問う。
「取引をしないか?お前を楽しませる取引を。」
24hポイント 0pt
小説 66,034 位 / 66,034件 ファンタジー 20,314 位 / 20,314件