王太子に婚約破棄されたら、王に嫁ぐことになった

王宮で開催されている今宵の夜会は、この国の王太子であるアンデルセン・ヘリカルムと公爵令嬢であるシュワリナ・ルーデンベルグの結婚式の日取りが発表されるはずだった。

「シュワリナ!貴様との婚約を破棄させてもらう!!!」

「ごきげんよう、アンデルセン様。挨拶もなく、急に何のお話でしょう?」

「言葉通りの意味だ。常に傲慢な態度な貴様にはわからぬか?」

どうやら、挨拶もせずに不躾で教養がなってないようですわね。という嫌味は伝わらなかったようだ。傲慢な態度と婚約破棄の意味を理解できないことに、なんの繋がりがあるのかもわからない。

---
シュワリナが王太子に婚約破棄をされ、王様と結婚することになるまでのおはなし。
小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 28pt
小説 18,724 位 / 121,026件 恋愛 8,096 位 / 35,690件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

色褪せ令嬢は似合わない婚約を破棄したい。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:177038pt お気に入り:2998

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:14739pt お気に入り:22629

悪役令嬢は竜の子を拾いました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:220pt お気に入り:6698

婚約者に愛されたいので、彼の幼馴染と体を交換しました【完結】

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:42pt お気に入り:71