案山子の家

まがまがしいほどに赤い空を背景に、無数の鴉が飛び交うあの光景を、僕は一生忘れない。
久しぶりに帰省した実家で僕を待っていたのは、なんとも形容しがたい不穏な空気だった。精神不安定な妹、むっつりと押し黙る年の離れた兄、そして、何かに怯える美しい兄嫁、そんな家族を意味深な目で見つめる口のきけない祖母…。
やがて兄嫁の失踪を皮切りにして、僕らの日常に少しずつほころびが広がり始め…。
24hポイント 0pt
小説 48,667 位 / 48,667件 ホラー 1,877 位 / 1,877件