《ハーレム》か《富と名声》か。あの日、超一流の英雄王志願者パーティーを抜けた俺の判断は間違っていなかったと信じたい。

 ある日、トルメキア帝国の現英雄王から次代の英雄王を決める祭典を数年後に開催すると正式な発表があった。

 その知らせは一気に大陸全土にまで行き渡り、若者達は次代の英雄王となるべく立ち上がった。

 多くの若者達の中でも群を抜いた存在感を放つ《金のシリウス》率いる英雄王志願者パーティーは、次代の英雄王最有力候補と噂される程にめまぐるしい急成長を遂げ、輝かしい功績を残していた。

 そんな《金のシリウス》率いる超一流パーティーの一員である《銀のカミュ》は、とある事情がきっかけで自らパーティーを抜ける事に。

 約束された未来を蹴ってまで手に入れたものは、苦楽を共にした仲間達。

 彼の、

《銀のカミュ》のあの日の判断は間違っていなかったと信じたい。





24hポイント 14pt
小説 13,732 位 / 57,506件 ファンタジー 3,582 位 / 18,843件