柳井堂言霊綴り

時は幕末。

音信不通の兄を探しに江戸へやって来た梅乃は、その地であやかしに襲われる。
間一髪助けてくれたのは、言霊使いだという男たちだった。

人の想いが具現化したあやかし――言霊。
悪しき言霊を封じるのが言霊使いだという。
柳井堂で働く彼らは、昼は書画用品店、夜は言霊使いとして暗躍していた。

兄探しをしながら、彼らと共に柳井堂で働くことになった梅乃だったが……?
24hポイント 0pt
小説 55,666 位 / 55,666件 キャラ文芸 1,330 位 / 1,330件