最後の恋は神様とでした

 *普通の恋愛物語を楽しみたい方は、ご遠慮ください*

 永遠の愛がここにありました――

 人間である主人公が恋をしたのは、何もかもが永遠の世界に生きる男性の神様だった。

 しかし、神が人間に恋をするはずもなく、身分違いもはなはだしい。それでも、主人公の心に芽生えた想いが色あせることはなかったが、現実は非常に厳しかった。

 主人公の存在すら知らない神は、永遠に別れることのない、最愛のパートナー――女性の神とめぐりあってしまう。結婚するまで秒読みだと噂されるのに対して、人間として生きている主人公は離婚を繰り返し、ズタボロの人生を送ってゆく。

 それでも、究極の片思いは忙しい毎日に埋もれ、消えそうになっては、また思い出してを何度も繰り返す。忘れたいのに、忘れることがまるで赦されていないように。

 そうして、十四年後に、お釣りが来るほどの幸せで、主人公の元へ恋は結婚として、新しいスタートを告げに来たのだった。

 嫌いという言葉を使わない人だけが真実の愛に出会える。

 *この作品は、小説家になろう、エブリスタ、カクヨムにも掲載されています。
24hポイント 7pt
小説 19,519 位 / 63,934件 恋愛 6,442 位 / 15,970件