アーヤと魔法の鞄

ある日アーヤは魔法の弟子入りしている師匠に頼まれごとをした。それはとても大きなものの運搬だった。
売り言葉に買い言葉というあれで、魔法の鞄にでも詰めてくれれば運ぶとつい言ってしまったアーヤ。数日後目の前には1つの鞄が…
口にしてしまった以上断れなくなったアーヤは渋々鞄を手に取り荷物を運ぶことになったのだった。
ところがその旅は運がいいのか悪いのかいろんな経験をする旅へと変化していく…
そしてアーヤは預かった鞄の異常性に気がついたのだった。
24hポイント 7pt
小説 17,710 位 / 60,283件 ファンタジー 4,699 位 / 19,344件