届かぬ月、手に入れられぬ陽 〜混沌が覆う夜は〜 地球編


  始めまして、雨の魔法使いの夜月です。

 私たち、雨の魔法使いの月夜と夜月は「届かぬ月、手に入れられぬ陽 〜魂の器が奏でる戯曲〜」を共に描いています。まずはぜひ、「届かぬ月、手に入れられぬ陽 〜魂の器が奏でる戯曲〜 プロローグ」をお読みください。

 私は科学の世界、地球編を書いていきます。以後よろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 第一次小銀河大戦で両親を失い、戦争孤児となったテオ。孤児院が開かれる予定などなく、皆己の生活で精一杯だった中路頭に迷っていたテオは、とある組織に属する者に拾われる。行き着いた先は、寮が併設された学校だった。しかし、大戦で深く精神を傷つけられたテオは、その魂を器と分離させてしまう。


 同時期、誰からも望まれなかった神がいた。その神は封印されたが、封印の陣の隙間からその力が溢れかけていた。仕方なく、その神よりも力が低かった神々は創世神を呼んだ。創世神は彼の神の魂を器から分離させ、魔力を持たない人間の器に縫い付けた。


 全知全能と謡われる創世神よ。どうか、私に貴方が知らない事を教えて欲しい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ぜひ「届かぬ月、手に入れられぬ陽 〜魂の器が奏でる戯曲〜 地球編」をお楽しみください。


「小説家になろう」にも投稿中です。
24hポイント 0pt
小説 95,899 位 / 95,899件 ファンタジー 26,029 位 / 26,029件