僕たちの聖域ーサンクチュアリー

昔書いていた物を発掘したので、加筆訂正してもう一度書こうと始めました。
基本一話完結で、気軽に読めるように書いた物です。内容はシリアスですが。

東啓司(あずまけいし)の心には、水が無い。
峰岸貴巳(みねぎしたかみ)の心には、雨が降り続いている。
水を欲する啓司と、水が有り余っている貴巳は、会った瞬間から惹かれあった。 大学のサークルの勧誘をしていた啓司と、誘われてそのサークルにやって来た貴巳の二人が、ゆっくりとお互いを癒し合いながら生活していく話。

テーマは雨。
R15くらい。リバ表現有り。

①~④までは大学時代だったり社会人だったり。
思い出の場所……大学時代の話
今を生きる……社会人になってからの話(書き下ろし)

一部サイトにも掲載
ムーンライトノベルズ・blove・カクヨムにも投稿
24hポイント 0pt
小説 58,731 位 / 58,731件 BL 5,020 位 / 5,020件