死神の僕は最初から天使なんかじゃなかった。

【2024.5/9追記】
少し読後感が気になったので、アフターえっちを書き足しました。

 ◇◇◇

いつもと同じように最期の願いを聞き、叶える。
それが僕の仕事だから。

これからもその繰り返しだと、思っていたはずなのに。


死期の迫った相手の未練を残さないよう最期に願い聞き、叶えた後に死後の世界へ送る死神としての毎日を送っていた僕。

そんな僕が次に送るのは、小田倉瑛士という人間の男だった。
いつものように願いを聞いた僕だったが、彼が最期に願ったのは「恋人が欲しい」というもので……?

死期の迫った苦労人大学生×感情が乏しかった死神のお話です。

※R描写は少なめで私の他作品に比べるとかなりあっさりです。
※他サイト様でも公開しております。
24h.ポイント 7pt
16
小説 38,179 位 / 187,115件 BL 9,949 位 / 24,227件