SNSで知り合った相手とリアルで出会ったら、真っ暗だった青春が色付き始めた。

学校に行くことが億劫になり、引きこもり生活を続けていた主人公の”齊藤和之(さいとうかずゆき)”は、ある日、S N Sで交流のある”ハルカ”と電気街を巡ることになった。
顔こそ初めて合わせる二人だったが、文字を介した数年間があったからかそれほど居心地の悪さは感じない。共通の趣味を通して、二人の距離感はゆったりと縮んでいく。
低い身長やコミュニケーションをとることに不自由を抱えた和之は、ハルカに支えられながら細やかな青春を過ごしていくことになった。

*完結済みの作品です
24hポイント 0pt
小説 139,930 位 / 139,930件 恋愛 43,200 位 / 43,200件