幸せな復讐

お前の結婚式前夜……僕たちは最後の儀式のように身体を重ねた。
明日から別々の人生を歩むことを受け入れたのは、僕の方だった。
だから最後に一生忘れない程、激しく深く抱き合ったことを後悔していない。
でも僕はこれからどうやって生きて行けばいい。

君に捨てられた僕の恋の行方は……

それぞれの新生活を意識して書きました。
よろしくお願いします。


fujossyさんの新生活コンテスト応募作品の転載です。
24hポイント 28pt
小説 20,287 位 / 143,743件 BL 4,151 位 / 16,426件