本物なのに偽物呼ばわりされた聖女の話

あらゆる傷や病を癒し、災いを退け、幸福をもたらす聖女として民に崇められ、何不自由のない暮らしを送るアネーシャ。19歳になった年、本物の聖女が現れたという理由で神殿を追い出されてしまう。しかし月の女神の姿を見、声を聞くことができるアネーシャは、正真正銘本物の聖女で――孤児院育ちゆえに頼るあてもなく、途方に暮れるアネーシャに、女神は告げる。『大丈夫大丈夫、あたしがついてるから』「……軽っ」かくして、女二人のぶらり旅……もとい巡礼の旅が始まる。
24hポイント 13,014pt
小説 241 位 / 127,618件 ファンタジー 43 位 / 32,624件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

冒険者生活20年 おっさんの底辺脱出記

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3735pt お気に入り:320

婚約破棄された悪役令嬢が実は本物の聖女でした。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:13846pt お気に入り:2220

真実の愛は望みませんが偽りの愛も不要なのです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:104370pt お気に入り:6716

俺が竜人の番に抱いてもらえない話する?

BL / 連載中 24h.ポイント:100643pt お気に入り:2696

趣味を極めて自由に生きろ!〜ただし、神々は改革をお望みです〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:85762pt お気に入り:4594