白雪の雫

白雪の雫

自分でもオリジナルな話を書いてみたいという思いで、ジャンルを問わずやっています。
22 12
辺境のキルシュブリューテ王国に、美味い料理とデザートを出すカフェ・ユグドラシルという店があった。 この店を経営しているのは篁 紗雪という二十代半ばの日本人女性である。 彼女は、数年前にウィスティリア王国の王太子であるエドワード、紗雪と共に異世界召喚された近藤 茉莉花、王国騎士であるギルバードとラルク、精霊使いのカーラと共に邪神を倒したのだ。 表向きはそう伝わっているが、事実は大いに異なる。 エドワードとギルバード、そして茉莉花は戦いと邪神の恐ろしさにgkbrしながら粗相をしていただけで、紗雪一人で倒したのだ。 邪神を倒しウィスティリア王国に凱旋したその日に、紗雪はエドワードから「未来の王太子妃にして聖女である純粋無垢で可憐なマリカに嫉妬して虐めた」という事実無根な言いがかりをつけられた挙句、国外追放を言い渡されてしまう。 (純粋無垢?可憐?プフー。近藤さんってすぐにやらせてくれるから、大学では『ヤリマン』とか『サセコ』って呼ばれていたのですけどね。それが原因で、現在は性病に罹っているのよ?しかも、高校時代に堕胎をしている女を聖女って・・・性女の間違いなんじゃないの?それなのに、お二人はそれを知らずにヤリマン・・・ではなく、近藤さんに手を出しちゃったのね・・・。王太子殿下と騎士さんの婚約者には、国を出る前に真実を伝えた上で婚約を解消する事を忠告しておくとしましょうか) 「王太子殿下のお言葉に従います」 羽衣と霊剣・蜉蝣を使って九尾の一族を殲滅させた直後の自分を聖女召喚に巻き込んだウィスティリア王国に恨みを抱えていた紗雪は、その時に付与されたスキル【ネットショップ】を使って異世界で生き抜いていく決意をする。 紗雪は天女の血を引くとも言われている千年以上続く陰陽師の家に生まれた巫女にして最強の退魔師です。 篁家についてや羽衣の力を借りて九尾を倒した辺りは、後に語って行こうかと思っています。
24hポイント 262pt
小説 5,248 位 / 128,612件 ファンタジー 946 位 / 32,693件
文字数 141,459 最終更新日 2022.01.26 登録日 2021.06.20
恋愛 完結 長編 R18
霧雨神社の後継者である霧雨 灯夜は、あっけなく死んでしまった。 創造神はお詫びとしてチートを授けた上で灯夜を自分が創造した世界───中学と高校のクラスメイトであった凛子がプレイしていた【煌々たる愛】という、錬金術や魔法が当たり前のように存在する乙女ゲームとやらに似たリーベンデールという異世界に転生させた。 ゲームではロードナイト帝国の皇帝・カルロスに献上された敗戦国の王女にして悪役寵妃の一人であるアストライアー=ミントグリーンとして───。 「確かにアストライアーは王女なだけあって、全てにおいてハイスペックだよ?けど、生まれ変わるなら最後は『カッターキャー』なヒロインのカサンドラを虐げたという理由だけで息子共々処刑される彼女ではなくモブの男が良かったな~。カッターキャーなヒロインが産んだ息子は酒と女に溺れる馬鹿だぜ?そんな馬鹿を跡取りに据えるなんて皇帝は何を考えているんだ?色ボケ皇帝の愛人の一人になんてなりたくねぇよ!」 これは、王女として転生してしまった青年が悪役寵妃になる運命を回避しつつ、灯夜であった時から自分の世界に転生させる為であれば殺してしまうくらいに愛している和寿ことフェンリルのアイドネウス、精霊達と行動を共にして錬金術を駆使して異世界での生活を満喫する物語である。 最初の方に軽めの性的表現がありますので、タグにBLとR-18をつけています。 第14回恋愛小説大賞にエントリーしています。
24hポイント 49pt
小説 14,320 位 / 128,612件 恋愛 6,575 位 / 38,385件
文字数 95,788 最終更新日 2021.12.14 登録日 2020.10.11
ファンタジー 完結 ショートショート
ジョナサン=ロシュフォールは乙女ゲーム【Bloody Lover】に似た世界に吸血鬼として生まれ変わった元日本人だ。 【Bloody Lover】というのは、吸血鬼であるジョナサンが美女を落としてハーレムを築くというストーリーなのだが、これってどう考えても美少女ゲームでしかない。 しかし、キャラデザや18禁なスチルが美麗だったからなのか、耽美が謳い文句なのか、アクション要素のあるからなのか、【Bloody Lover】は乙女ゲーム扱いになっている。 何で美少女ゲームに分類されてないの?というツッコミはあるものの【Bloody Lover】の主人公として生まれたジョナサンは元日本人だったからなのか、一般的な吸血鬼と比べたらモラルはある。 その証拠に、彼が父の跡を継いで吸血鬼の国を支配するようになってからは格段に治安が良くなり経済も活性化していった。 だが、吸血鬼という種族の特性なのか、彼が好むのは美女。そして生き血。特に生娘の血に目がなかったりする。 そんなジョナサンは国王の愛妾であったミナーヴァ、王太子妃であったローズマリー、公爵子息の夫人であったジャスミンを囲って淫蕩な日々を送っているのだが、彼には本命がいた。 ヴァンパイアハンターであるヴェルター=リーフセージの幼馴染みにして回復魔法・補助魔法・植物の生長魔法に長けている一人の美しい少女。 攻略が難しいからなのか、プレイヤーからはラスボスと呼ばれていたシスティーナだ。 (ナイスバディーでありながら、ミナーヴァ達にはない清楚な雰囲気がいいんだよな~) それに・・・何と言ってもシスティーナは生娘! さぞかし彼女の血は美味いのであろう──・・・。 (ヴェルターを倒したらシスティーナの血を吸って、それから彼女の処女を貰う!) そうすれば俺は永遠に処女の血を吸えるし、システィーナを自分の女に出来る! 18禁な妄想をしているジョナサンは知らなかった。 どう足掻いてもヴァンパイアはヴァンパイアハンターに狩られる運命にある事を。 単なる思い付きで書いた話なので、設定がゆるふわでツッコミどころ満載です。 いいタイトルが思い浮かばなかったので(仮)と付けています。
24hポイント 0pt
小説 128,612 位 / 128,612件 ファンタジー 32,693 位 / 32,693件
文字数 2,107 最終更新日 2021.12.06 登録日 2021.12.05
「ノルン様、貴女のように男を誘惑する女の事を何と言うのかご存じでしょうか?・・・阿婆擦れです!」 「所詮は野蛮な地を治める辺境伯のご息女ですもの」 「猿であって当然ですわね」 「「「「「「獣風情が聖女とは片腹痛い!!!」」」」」」 ロイヤルミント王国の王宮では王国の建国祭が催されていたのだが、参加した聖女にしてアメジストセージ辺境伯の長女であるノルンは婚約者である王太子のヴィルヘルムと彼が夢中になっている公爵令嬢のルミナ、王太子の側近AとBことシャルルとカール、二人の婚約者達に罵られてしまう。 (猿?それってルミナ様、エトラ様、ベローナ様、そしてヴィルヘルム様、シャルル様、カール様の事ですよね?) ロイヤルミント王国が他国に侵攻されないのは、平穏無事で天災が起こらないのは、アメジストセージ家と私が契約している精霊王様が護っているからなのですけど? 国防の要とでも言うべきアメジストセージ家を猿だの、獣だのと罵る彼等の真実の姿を皆様方に披露するといたしましょう! これは森羅万象を司る精霊王と契約しているノルンが、自分と家族を馬鹿にした王太子達に盛大(?)な仕返しをする話。 ・ルミナ達はノルンを猿と言っていますが、実際は彼女達の方が婚約者以外の男とやりまくっているし、自分の息子のお初を奪った上で楽しもうと計画している猿です!(ヤリ〇ンとも言う) ・王太子達はエロ同人誌に出てくるヒロインを肉便器扱いする男のように、女であれば見境なくやりまくっているし、自分の娘が年頃になったら母娘丼をしようと計画しているクズなゲス野郎です!(ヤリ〇ンとも言う) ・設定がゆるゆるでふわふわ、ツッコミどころ満載の話であるのはいつもの事です。 ・精霊王というのは、ファンタジーものを読んでいたら出てくるサラマンダーやウンディーネといった精霊達の親玉というか、上司といった存在になります。 【乙女ゲームに転生した男の人生】で話の流れはこうだと決まっていても、それの表現が上手くできずスランプに陥ってしまったので気分転換の意味もあって書いています。 直接的に表現はしていませんが、匂わせるシーンがありますので念の為にR-18にしています。
24hポイント 42pt
小説 15,525 位 / 128,612件 ファンタジー 2,586 位 / 32,693件
文字数 9,825 最終更新日 2021.11.23 登録日 2021.11.14
おひとりさまを満喫しているチーフパーサーの園宮 真珠(そのみや まじゅ)(38) ある日、真珠は死んでしまう。 真珠を殺したのは神の代行者にして白竜族の長でもある竜王・ジークフリート。 己の番を求める想いが強い故に、番である彼女を自分の手元に置きたいが故に・・・その想いが彼女を殺してしまったのだ。 前世のみならず現世でも相手側の勝手な理由で命を落としてしまった真珠にとって、ジークフリートと一部の白竜族は嫌悪の対象でしかない。 そんな真珠を憐れんだ愛と豊穣の女神・ミャンエルは彼女に特典を授けて貰って元の世界に転生させるのだった。 シェリアザード=アメシスティナとして生まれ変わった彼女は左うちわな老後を送る為、冒険者(トレジャーハンター)となり世界各国を旅する。
24hポイント 0pt
小説 128,612 位 / 128,612件 ファンタジー 32,693 位 / 32,693件
文字数 218,274 最終更新日 2021.06.15 登録日 2019.06.02
ファンタジー 完結 ショートショート
「金髪、紫色の瞳、そして何より、将来美人になる事が約束されているこの顔・・・。これってどう考えても【Yours~あなたと共に~】っていう乙女ゲームのヒロインのターリアよね?」 良く言えば長閑で自然豊かな土地、悪く言えば何も刺激がない田舎を治める男爵の娘として産まれたターリアは七歳を迎えたある日、有野 瑞希という日本人として生きていた前世の記憶を思い出してしまう。 攻略対象者共の婚約者を蹴落として王太子妃や侯爵夫人になる? あ~っ・・・ 無理無理 今の私は男爵令嬢だもん そんな大層な立場になれるはずがないじゃない! しかも、真実の愛があれば、どんな試練も乗り越えられる? おいっ!攻略対象者共! 真実の愛云々とほざく前に、この世にはもっと大切なものがあるだろうが! それは・・・お金! 例え、全てを捨てて真実の愛とやらで結ばれたとしても先立つものがなければ、数日も経たないうちに破局するのが目に見えているわ!! 乙女ゲームのヒロインとして生まれ変わった元日本人は、愛ではなく金を愛でる。 ※【ヒロインは守銭奴】というタイトルですが、書き進めていくうちにヒロインが守銭奴でないような気がしてきました。
24hポイント 7pt
小説 31,045 位 / 128,612件 ファンタジー 5,557 位 / 32,693件
文字数 3,399 最終更新日 2021.06.07 登録日 2021.06.06
「アネット=アンダーソン!貴女の私に対する仕打ちは到底許されるものではありません!殿下、どうかあの平民の女に頭を下げるように言って下さいませ!」 魔力に秀でているという理由で聖女に選ばれてしまったアネットは、平民であるにも関わらず公爵令嬢にして王太子殿下の婚約者である自分を階段から突き落とそうとしただの、冬の池に突き落として凍死させようとしただの、魔物を操って殺そうとしただの──・・・。 リリスが言っている事は全て彼女達による自作自演だ。というより、ゲームの中でリリスがヒロインであるアネットに対して行っていた所業である。 愛しいリリスに縋られたものだから男としての株を上げたい王太子は、アネットが無実だと分かった上で彼女を断罪しようとするのだが、そこに父親である国王と教皇、そして聖女の夫がやって来る──・・・。 悪役令嬢がいい子ちゃん、ヒロインが脳内お花畑のビッチヒドインで『ざまぁ』されるのが多いので、逆にしたらどうなるのか?という思い付きで浮かんだ話です。
24hポイント 28pt
小説 19,425 位 / 128,612件 ファンタジー 3,153 位 / 32,693件
文字数 10,195 最終更新日 2021.06.05 登録日 2021.05.28
恋愛 完結 短編 R18
「捜さないで下さい。男としての自信を失くしました」 フェルナンデス公爵家の跡取りである兄のシュタールが出奔したせいで家を継ぐ事になってしまったミスリル。 そんな彼女の幼い頃のあだ名は腕っぷしと喧嘩が強かったので「ゴリラ女』だったが、もうすぐで十六歳になる今では『淑女の中の淑女』と讃えられるくらい見た目だけではなく立ち居振る舞いに仕種、気品に腹芸等は完璧な公爵令嬢である。しかし、跡取りとしての教育は受けていない。 急遽、後継者になってしまったミスリルに父親が、王侯貴族の子息しか通えないクレッセント学園で三年間を過ごして公爵に相応しい人間になる術を学ぶように命じる。 男装してクレッセント学園に通う事になったミスリルであったが、彼女は知らない。 この学園に通う生徒のごく一部を除けば殆どがホモである事を──・・・。 「角刈りでお肌がすべすべな兄貴が女役で、脛毛が濃い男の娘が攻め・・・」 「ゴリマッチョな兄貴な教師と、顎が二つに割れている兄貴との間に芽生えているのは・・・教師と生徒としての絆、よね?それ以上って事はないわよね?」 「ヴィクトワール、これって女の子の夢を壊しているような気がするのだけど」 「これが男同士の恋愛の現実というものだ、ミスリル」 後に、男の娘とボディービルダーな生徒がおせっせする描写が出てくるので、念の為にR-18にしています。
24hポイント 42pt
小説 15,525 位 / 128,612件 恋愛 7,119 位 / 38,385件
文字数 23,627 最終更新日 2021.05.27 登録日 2021.05.05
BL 完結 短編 R15
ガブリエラ王国のエルグラード公爵家は天使の血を引いていると言われているからなのか、産まれてくる子供は男女問わず身体能力が優れているだけではなく魔力が高く美形が多い。 そこに目を付けた王家が第一王女にして次期女王であるローザリアの補佐役&婿として次男のエカルラートを選ぶ。 だが、自分よりも美形で全てにおいて完璧なエカルラートにコンプレックスを抱いていたローザリアは自分の生誕祭の日に婚約破棄を言い渡してしまう。 この婚約は政略的なものと割り切っていたが、我が儘で癇癪持ちの王女の子守りなどしたくなかったエカルラートは、ローザリアから言い渡された婚約破棄は渡りに船だったので素直に受け入れる。 晴れて自由の身になったエカルラートに、辺境伯の跡取りにして幼馴染みのカルディナーレが提案してきた。 「ローザリアと男爵子息に傷つけられた心を癒す名目でいいから、リヒトシュタインに遊びに来てくれ」 「お前が迷惑でないと思うのであれば・・・。こちらこそよろしく頼む」 王女から婚約破棄を言い渡された事で、これからどうすればいいか悩んでいたエカルラートはカルディナーレの話を引き受ける。 少しだけですが、性的表現が出てきます。 過激なものではないので、R-15にしています。
24hポイント 28pt
小説 19,425 位 / 128,612件 BL 3,948 位 / 14,182件
文字数 22,097 最終更新日 2021.05.03 登録日 2021.04.18
「クリュライムネストラ、私に心から愛する人が出来た」 ハーネット王国の現国王の王妹であるクリュライムネストラは、強大で巨大な霊力を有するが故に幼い頃から教会で修行を積んで来た。 そのおかげで、浄化に四肢の欠損だけではなく、どんな病をも完全治癒する事が出来るようになったクリュライムネストラは王国の聖女にして神子姫と称され、世界初の女教皇になるのではないか?とも言われている。 何時ものように国の為に祈りを捧げていたある日、甥にして婚約者である第四王子のパリスから婚約破棄と、愛する人に苦労をさせたくないから愛妾となって自分達を支えて欲しいと言われてしまう。 そんなパリスの隣には他国の王妃であるヘレーネがいた──・・・。 「愛妾の子である貴方が王子という立場でいられるのは、私が婚約者であったからなのですけどね」 生国を出奔したクリュライムネストラは治癒師として各地を放浪しつつ生計を立てていたのだが、そんな彼女をサクリフィス大陸・・・別名暗黒大陸とも呼ばれている場所を治めているというイケオジな吸血鬼の真祖にして魔王と呼ばれている存在が見初める。 最初の方だけ、そっち系のシーンがあるのでR-18にしています。
24hポイント 21pt
小説 22,272 位 / 128,612件 ファンタジー 3,572 位 / 32,693件
文字数 43,939 最終更新日 2021.04.17 登録日 2021.03.14
「聖女ともあろう者が、嫉妬に狂って我が愛しのジュリエッタを虐めるとは!貴様の所業は畜生以外の何者でもない!お前との婚約を破棄した上で国外追放とする!!」 平民でありながらゴーストやレイスだけではなくリッチを一瞬で倒したり、どんな重傷も完治してしまうマルガレーテは、幼い頃に両親と引き離され聖女として教会に引き取られていた。 そんな彼女の魔力に目を付けた女教皇と国王夫妻はマルガレーテを国に縛り付ける為、王太子であるレオナルドの婚約者に据えて、「お妃教育をこなせ」「愚民どもより我等の病を治療しろ」「瘴気を祓え」「不死王を倒せ」という風にマルガレーテをこき使っていた。 そんなある日、レオナルドは居並ぶ貴族達の前で公爵令嬢のジュリエッタ(バスト100cm以上の爆乳・KかLカップ)を妃に迎え、マルガレーテに国外追放という死刑に等しい宣言をしてしまう。 「王太子殿下の仰せに従います」 (やっと・・・アホ共から解放される。私がやっていた事が若作りのヒステリー婆・・・ではなく女教皇と何の力もない修道女共に出来る訳ないのにね~。まぁ、この国がどうなってしまっても私には関係ないからどうでもいいや) 表面は淑女の仮面を被ってレオナルドの宣言を受け入れたマルガレーテは、さっさと国を出て行く。 今までの鬱憤を晴らすかのように、着の身着のままの旅をしているマルガレーテは、故郷である幻惑の樹海へと戻っている途中で【宮女狩り】というものに遭遇してしまい、大国の後宮へと入れられてしまった。 マルガレーテが悠々自適な側室ライフを楽しんでいる頃 聖女がいなくなった王国と教会は滅亡への道を辿っていた。
24hポイント 85pt
小説 10,465 位 / 128,612件 ファンタジー 1,827 位 / 32,693件
文字数 9,214 最終更新日 2021.03.14 登録日 2020.11.16
恋愛 完結 短編 R18
西野 麗弥(16)は霊感が強い事と母親が東欧系の美女である事を除けば、どこにでもいる女子高生である。 そんな麗弥は自分が処女である事を証明する為に、衆人環視の中で見ず知らずのイケオジとの初夜を披露しながら血を吸われるという悪夢に何日も前から悩まされていた。 自分が見ている夢を親にも打ち明ける事が出来ず、悶々と日々を過ごす麗弥の前に母親の兄・・・伯父という人物が現れる。 母親は一人っ子だったはず。 伯父という人物は母の異父兄か異母兄かも知れないと思ったのだが、弟の話によると同腹の兄なのだという。 自分は伯父という人物を知らない。だが、両親と弟はそんな麗弥の態度を不思議がるだけである。 しかも、その伯父という人物は夢の中で麗弥を犯しながら血を啜っていた吸血鬼と同じ顔をしていた───。 実はこの話、二日続けて見た夢が基だったりします。 ・霊感が強い幼稚園児くらいの女の子が婚約の証としてイケオジな吸血鬼に血を吸われてしまった ・退魔師である母親は娘の呪縛を解こうとしたのだけど、力不足で解けなかった ・きちんと修行すれば一流の退魔師になれたのだが、その前に血を吸われてしまった事が原因で退魔師の道を断たれた(勘が鋭いとか占いや呪い方面でなら発揮できる) ・結婚してもいい年頃になった女の子を迎えにイケオジ吸血鬼がやって来た ・幼稚園児くらいの子供が女の子の前で化け物に変化 ・母親という人物は心の奥底で吸血鬼に想いを寄せていたらしく、娘に嫉妬剥き出し(←ここで目が覚めた) 我ながらカオスな夢を見たものだと思っているのですが、『イケオジの吸血鬼とJKという組み合わせ。これは使える!』と思ったので色々設定を練り直した上で1つの話にしました。 軽めですが、連想させる描写があるのでR-18にしています。
24hポイント 21pt
小説 22,272 位 / 128,612件 恋愛 9,532 位 / 38,385件
文字数 4,609 最終更新日 2020.09.21 登録日 2020.09.19
BL 完結 短編 R18
乙女ゲームのヒロインに転生した(仮)の、今回はベルゴフェール視点です。 軽めとはいえBでLの表現があるし、蘇芳が17歳の高校生という理由でR-18のタグをつけています。
24hポイント 7pt
小説 31,045 位 / 128,612件 BL 6,426 位 / 14,182件
文字数 3,186 最終更新日 2020.07.12 登録日 2020.07.12
乙女ゲームのヒロインに転生した(仮)の続きのようなものです。 今回は悪役令嬢の一人として転生した結衣ことヘカーテを主人公にした話です。 ベルゴフェール編が完成したら、1つにまとめて連載という形にしたいです。
24hポイント 0pt
小説 128,612 位 / 128,612件 恋愛 38,385 位 / 38,385件
文字数 4,253 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.07.11
恋愛 完結 ショートショート
乙女ゲームのヒロインに転生した(仮)の続きです。 短編は状況説明のようなもので終わりましたが、ゲームの舞台となる学園生活が・・・というより、卒業後の就職先で再会する事になる宏樹ことベルゴフェールとの攻防の前哨戦(?)みたいな話です。
24hポイント 0pt
小説 128,612 位 / 128,612件 恋愛 38,385 位 / 38,385件
文字数 3,968 最終更新日 2020.07.05 登録日 2020.07.05
アンティノーラ王国の街で古着屋を営んでいる元貴族令嬢のラーレバハルは、薬師寺 七瀬という日本人として生きていた記憶を持っている事を除けば、どこにでもいる女性だ。 従業員達に催促される形で休暇を取ったラーレバハルは一人で温泉に行っていたのだが、知らなかったとはいえ、ある一言を言ってしまったせいで【神の庭】に迷い込んでしまう。 神の庭から脱出する為、当てもなく彷徨っていたラーレバハルの瞳に飛び込んできたのは一軒家。 彼女は家の主人である老婆から、若かった時の自分が犯した罪の話を聞く事になる。 あるドラマをベースにした二次創作を昔にアップしていたのですが、加筆修正しました。 加筆修正を終えているので、後は時間を決めて載せるだけになっています。
24hポイント 14pt
小説 26,158 位 / 128,612件 恋愛 10,951 位 / 38,385件
文字数 8,221 最終更新日 2020.06.24 登録日 2020.06.14
恋愛 連載中 短編
「貴様のような性悪女より、ヘレナこそが王太子妃に相応しい!」 卒業パーティーで王太子であるラインハルトから婚約破棄を言い渡されたブリュンビルデ。 ヘレナとやらと顔を合わせるのは今日が初めてなのだが、母親が公妾なのに王妃との間に子供がいないので王太子になったラインハルトの後見をより確実なものにする為の婚約だった。 彼女に対する仕打ちに心当たりはないのだが、馬鹿で無能な王太子に対して嫌悪しかなかったブリュンビルデは婚約破棄を受け入れる。 刑が執行される前に喚いていたヘレナの言葉を纏めると、どうやらここは【鳥籠姫~あなたの愛に束縛されたい~】というゲームの世界で、彼女はヒロイン、自分は悪役令嬢と呼ばれる存在であるらしい。 冤罪であったのだが王子から婚約破棄を言い渡されたという理由で公爵家から勘当されてしまったブリュンビルデは、最後まで自分に従うと言ってくれた侍女と共に修道院に向かっていた。だが、道中で崖から落ちてしまう。 助かった二人が辿り着いたのは、カフェ・四つ葉のクローバー。 給仕として働くブリュンビルデの元に一人の男が訪れた事で彼女の運命が動き出す。 ・現代であれば盗聴器や盗撮カメラで、中世~近代やファンタジーな世界であれば影や式神と呼ばれる存在に監視させて、その日の行動を逐一報告させる ・監禁した上で部屋から出られないように縄や鎖で繋ぐ ・自分のエゴで監禁している相手を溺愛してラブえっち(捕まった方にしてみれば強姦である) ・自分から逃げるのなら殺してやんよ 探せば色々な形があるかも知れないけど、私が知る限りの人間同士の恋愛と異種族間の恋愛においてヤンデレものはこういうパターンが多い。 人間同士・同じ種族同士であるのならともかく、異種族間の場合、相手を部屋に監禁したりせず告白してからお付き合いしていく。 この人とだったら結婚してもいいな~と相手が思ってくれたら、こっちのもの。 相手を自分と同じように不老不死にしてから子供を産ませるという形で束縛する これも、ある意味ヤンデレではないだろうか? という思いで生まれた話です。 注意:作中に出てくるエルドヴァルドという男は、【白鳥姫と闇の魔王】に出てきたロットバルトのように【神】とも【悪魔】とも呼ばれている生物にしています。 ・・・・・・エルドヴァルドをそうしたのは、人間を不老不死に出来る存在なんて神と悪魔しか思いつかなかったからです。
24hポイント 7pt
小説 31,045 位 / 128,612件 恋愛 13,272 位 / 38,385件
文字数 38,395 最終更新日 2020.04.19 登録日 2020.02.29
給料は少ないが、土日祝は休みで残業はなしという会社で働いているアラサーの花園 沙織は、それなりに充実した日々を送っていたのだが、ある日、事故で死んでしまう。 そんな彼女が転生したのは【神に愛されし者~あなたに想いを捧げる~】というBLゲームに出てくるフェリシアという、攻略対象者の一人であるギュスターヴの皇后にして主人公の前に立ちはだかる悪役だった。 ギュスターヴの嫁になりたくないフェリシアは、己の死亡フラグを折る為に奮闘する。
24hポイント 14pt
小説 26,158 位 / 128,612件 ファンタジー 4,294 位 / 32,693件
文字数 3,314 最終更新日 2020.02.24 登録日 2020.02.24
恋愛 完結 短編 R15
白鳥の湖をベースにした話で、pixivには別の名前で投稿しています。 童話で白鳥の湖を読んだことがあれば分かると思いますが、王子を惑わすオディールはロットバルトの娘です。しかし、この話に出てくるオディールは鍛冶職人が作った人形という風に幾つか原作と違う点がある事にご注意ください。 あと、ロットバルトも原作では『悪魔』『魔法使い』だけど、この話では太古の人間が『神』『悪魔』とも畏れ敬った原初の頃から存在している生物という風に位置付けているし。 ストーリーの流れは同じですが、今回の投稿にあたりpixivに載せているものを一部加筆修正しています。
24hポイント 7pt
小説 31,045 位 / 128,612件 恋愛 13,272 位 / 38,385件
文字数 23,876 最終更新日 2020.02.02 登録日 2020.02.02
世界的に有名な超一流マジシャンの水無月 蘇芳(37)は、Forever~あなたに永遠の愛を~という乙女ゲームに似た異世界に転生した。ヒロインであるベルゼフォーネとして───。 「異世界に転生って本当にあるんだな~・・・しかも、ヒロイン・・・って違う!どうせ生まれ変わるなら女ではなく男がよかった・・・。童貞を卒業したかった・・・。乙女ゲームに出てくる攻略対象者共ってカラフルだし、しかもメンタルが絹ごし豆腐よりも柔い!そんなのが国の重要人物なんて国家が滅亡する未来しか思い浮かばねぇよ!いや、それよりも──宏樹さんもこの世界に転生しているって事はないよな・・・?」 童貞非処女で死んでしまった事に未練もあるが、それよりも重要な問題が蘇芳にはあった。 蘇芳が言う「宏樹さん」とは、近所のお兄さんにしてエリート街道まっしぐらの橋本 宏樹。 蘇芳より十も年上の彼は二十年前、当時DKだった彼に告白して身体を重ねただけではなく女性を抱けないように調教したのだ。 その橋本 宏樹がこの世界に転生していたとしたら・・・? 「イケメンな宏樹さんの事だ。俺と同じようにこの世界に転生していたとしても攻略対象者の一人の可能性が高いよな・・・。という事は──・・・」 前世とは異なり今の自分は女性。結婚するにしても何の障害もないので彼に捕まる可能性が大きいのだ。 「いや、身分という障害があるか。だったら宏樹さんが転生していても何の問題もないな。何てたって俺は男爵令嬢。攻略対象者は王太子に公爵家嫡男、侯爵家嫡男に近衛騎士団長の息子という、どう考えても男爵令嬢を嫁に迎えるのは無理な家柄だしな」 だが、彼女は知らなかった。 親が既に乙女ゲームの舞台となる学園の入学手続きを済ませていた事を。 宏樹が攻略対象者の一人でもなければ隠しキャラでもなく、モブキャラの一人(しかも、攻略対象者達と隠しキャラよりもハイスペック。歩く18禁なイケメン)、しかもベルゼフォーネの就職先の上司として転生していた事を。
24hポイント 0pt
小説 128,612 位 / 128,612件 ファンタジー 32,693 位 / 32,693件
文字数 3,068 最終更新日 2019.09.01 登録日 2019.09.01
22 12