オトコの娘が私を好きだと言う

 「愛が冷めるんだよね」
 そう言った交際相手の言葉に腹を立て、ホテルで相手に膝蹴りを入れ、別れを告げた主人公・青鬼明(あおきめい)。
 早く帰ってシャワーを浴びたい!その一心で家路を急いでいる時、可愛らしい子に突然呼び止められた。人懐っこく話しかけられ、どうやら相手とは知り合いらしいのだが、青鬼にはサッパリ誰なのかわからない。わからないままなのに再会する事を約束させられ、名前を訊く間も無いまま、脱兎の如く逃げられてしまった。

「誰なんだ?一体……」
 一晩頭を悩ませたが思い当たらず、誰かもわからぬまま約束の場所へ向うと、そこに来たのは、昨日会った子とは無関係としか思えぬ相手だった。


 執着質な男の娘×美人系古風女子のお話です。
【R18】ですのでご注意下さい。
24hポイント 7pt
小説 18,570 位 / 60,862件 恋愛 6,217 位 / 14,813件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界に再び来たら、ヒロイン…かもしれない?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:25577pt お気に入り:4181

発情期?眠り猫と不眠王子のwin-winな関係

恋愛 / 完結 24h.ポイント:120pt お気に入り:25

目覚めたら男爵家令息の騎士に食べられていた件

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:10894pt お気に入り:668

吸血鬼の嫁になりましたが、任務は夫の監視です!

恋愛 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:268