殿下は地味令嬢に弱いようなので、婚約者の私は退散することにします

 王太子を婚約者に持つ公爵令嬢レベッカ・ドルセーヌは学園の裏庭に呼び出されていた。呼び出したのは地味令嬢と言われている侯爵令嬢クロエ。ビクビクと体を震わせながらクロエは大声で言った。

「こ、婚約者様なら、ア、アラン様にもっと親切にしてあげてください! アラン様は繊細なお方なんですぅ。それが出来ないのなら、アラン様とは別れてくださいっ」
「分かりました、別れます」

 だって王太子も「この子は義母義姉に虐められているから優しくしてあげて」の一点張りだ。だったらいっそのこと、王太子が彼女を幸せにしてあげれば良いのだ。

 王太子はその後レベッカを失いながらもクロエを守ろうと尽力する。しかし私なんかと言って努力しないクロエに、次第に違和感を覚え始めてーー

※の時は視点が変わります。
24hポイント 766pt
小説 2,037 位 / 139,913件 恋愛 1,014 位 / 43,188件