殿下は地味令嬢に弱いようなので、婚約者の私は退散することにします

 王太子を婚約者に持つ公爵令嬢レベッカ・ドルセーヌは学園の裏庭に呼び出されていた。呼び出したのは地味令嬢と言われている侯爵令嬢クロエ。ビクビクと体を震わせながらクロエは大声で言った。

「こ、婚約者様なら、ア、アラン様にもっと親切にしてあげてください! アラン様は繊細なお方なんですぅ。それが出来ないのなら、アラン様とは別れてくださいっ」
「分かりました、別れます」

 だって王太子も「この子は義母義姉に虐められているから優しくしてあげて」の一点張りだ。だったらいっそのこと、王太子が彼女を幸せにしてあげれば良いのだ。

 王太子はその後レベッカを失いながらもクロエを守ろうと尽力する。しかし私なんかと言って努力しないクロエに、次第に違和感を覚え始めてーー

※の時は視点が変わります。
24hポイント 539pt
小説 2,893 位 / 128,616件 恋愛 1,479 位 / 38,387件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

行き遅れにされた女騎士団長はやんごとなきお方に愛される

恋愛 / 完結 24h.ポイント:205pt お気に入り:957

愛されない花嫁は初夜を一人で過ごす

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:254141pt お気に入り:7122

チートなタブレットを持って快適異世界生活

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6155pt お気に入り:13207

前世の記憶が蘇ったので、身を引いてのんびり過ごすことにします

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:107090pt お気に入り:2210