婚約破棄されそうですが、そんなことより私は眠りたい

 公爵令嬢アナスタシアは、2つ名を持っている。


 それは、「学園の眠り姫」。


 休み時間はもちろん、授業中も机に突っ伏して爆睡。

 昼休みは中庭のベンチで横になって眠る。


 そんな彼女には、前世があった。

 彼女の前世はしがないOL。


 朝から晩まで仕事仕事で休む暇もなく、とうとう寝不足のせいで判断力が鈍り、階段から転げ落ちて命を落とした。


 そんな前世を持つ彼女は、

「今世ぐらい眠り続けたい」

 という確固たる意思の元、ただひたすら眠り続ける。


 そんな彼女にも婚約者がいるが、彼は最近男爵令嬢に熱を上げているらしい。

 そんな男爵令嬢も癖のある人物で、何かとアナスタシアに接近しようとしてくるがーー。


 そんなことより、彼女は眠っていたかった。
24hポイント 78pt
小説 11,581 位 / 143,883件 恋愛 5,533 位 / 44,916件