ルール無用、だから恋

石田 千種は、ノンケばかり好きになっては振られているサラリーマン。長身で可愛くも無く相手もなかなか見つからない千種は、セフレしか自分には出来ないと割り切り、相手を好きにならないルールを自分に科して生きてきた、つもりだった。

「千種さん、俺と別れてください」

その言葉を聞くまでは。

拗らせアラサーの恋のルール

BLove様第ニ回短編小説コンテストテーマ『嘘から始まる恋』応募作品第五弾
24hポイント 0pt
小説 96,529 位 / 96,529件 BL 9,505 位 / 9,505件