運命の乗船

「俺の言っていること分からないだろうけど、お前に会えてよかったよ」

異国の船に迷い込んだ少年。
船は前に進むことしかできず、国に帰ることはできない。
言葉も通じず、文化も違う船での生活に戸惑いながらも、船員に心を開いていく。


金髪碧眼青年 x 黒髪黒目少年
文化・言語の壁を越えて溺愛されるお話。
(シリアス時々お転婆っこ登場)
24hポイント 14pt
小説 22,924 位 / 125,727件 BL 4,704 位 / 13,638件