陰キャ喪女の私が罰ゲームで陰キャぼっちオタクに告白したら実は超人気アイドルだった彼と付き合うことになりました

高校三年生の白毛琉心(しらげ るこ)は、見るからに喪女で陰キャなことで、クラスメイトからいじめを受けていた。
彼女はクラスメイトから、ある人物に告白するよう罰ゲームを指示される。

その相手とは、同じクラスの斎藤我玖(さいとう がく)だ。
彼は同じく見るからに陰キャな上に一匹狼で、誰とも話しているのを見たことがない男子だった。
仕方なく告白をした琉心だったが、誰もがフラれることを期待する中、告白のOKを貰ってしまう。

翌日、登校してきた我玖の姿を見て、クラスメイトたちは驚愕していた。
なぜなら彼は、今をときめく人気絶頂のアイドル・冬芽(とうが)だったからだ。


他サイト様でも同作品を投稿しています。
24hポイント 7pt
小説 33,134 位 / 144,622件 恋愛 15,186 位 / 45,271件