【画像あり】江戸時代のUMA(未確認生物) ~山中に現われた怪獣~

 江戸時代前期の俳人、荻田安静が編纂した怪談集「宿直草」には、紀州(和歌山県と三重県の南部)の山中で、謎の怪獣に遭遇した話が掲載されています。

 現在の私達の目で見ると、その姿はどうみても「アレ」なのですが、実在する生物でもとんでもない場所に出てくると立派なUMA(未確認生物)になるという例かもしれません・・・。

 
24hポイント 0pt
小説 77,511 位 / 77,511件 エッセイ・ノンフィクション 2,520 位 / 2,520件