二人の花嫁

 江戸時代、下級武士の家柄から驚異の出世を遂げて、勘定奉行・南町奉行まで昇り詰めた秀才、根岸鎮衛(ねぎしやすもり)が30年余にわたって書き記した随筆「耳嚢」

 その「巻之七」に二部構成で掲載されている短いお話を、軽く小説風にした二幕構成の超短編小説です。

 第一幕が「女の一心群を出し事」
 第二幕が「了簡をもつて悪名を除幸ひある事」

が元ネタとなっています。

 江戸の大店の道楽息子、伊之助が長崎で妻をつくり、彼女を捨てて江戸へと戻ってくるところから始まるお話。

 おめでたいハッピーエンドなお話です。
24hポイント 0pt
小説 83,248 位 / 83,248件 歴史・時代 1,078 位 / 1,078件