祓い

穢れとは何だろう、自分は可哀想なのか。
年末の休日に、浩太は恋人の文仁と二人だけの夜を過ごそうとしていた。しかし、浩太の兄、睦美が帰省すると報される。
睦美は文仁との関係を快く思ってはおらず、再三自分たちの関係に口を出してくる。
そんな睦美が待つ実家に、急遽帰省した浩太に、「俺も着いていく」と優しい文仁は付き添ってくれた。
待ち構えていた睦美は熱っぽく浩太の名を呼ぶ。

兄との関係に思い悩む弟が、外の世界で救世主を探し出て答えを導き出す話です。

上野浩太 サラリーマン 二十八歳 平凡
森文仁 サラリーマン 二十八歳 美形 浩太の恋人
上野睦美 物書き 三十三歳 美形 浩太の実兄

pixivさん、自サイトにも掲載中です。
24hポイント 21pt
小説 25,115 位 / 139,933件 BL 5,072 位 / 15,813件