魔女は小鳥を慈しむ

母親に「あなたのことが大好きだよ」と言ってもらいたい少女は、森の魔女を訪ねます。
本当の気持ちを知るために、魔法をかけて欲しいと願ったからです。
当たり前の普通の幸せが欲しかったのなら、魔法なんて使うべきではなかったのに。

こちらの作品は、小説家になろうとエブリスタにも投稿しております。
24hポイント 213pt
小説 4,226 位 / 74,477件 児童書・童話 39 位 / 1,351件