鳥籠の中のラオイン

女と男の欲望が渦巻く『鳥籠』と呼ばれる花街で育った鷹華(ようか)は外の世界への興味を捨てきれず、男に自分を売る『金糸雀(かなりあ)』としても染まれない自分の存在意義について悩んでいた。そしてある日、鷹華は孤児だった自分を育ててくれた蓮華(れんげ)の日記を読んでしまう。そこで彼女は自分に秘められた秘密を知ることになる。//虚構少女シナリオコンテストに参加しています。よろしくお願いします。
24hポイント 14pt
小説 8,859 位 / 36,000件 ファンタジー 2,767 位 / 13,118件